Scroll To Top
ダイビングショップほうぼう屋サムイ島店

PADI インストラクターコース準備コース

▽ 確実に試験に合格するために

ダイビングスキルと、ダイビング理論5科目の、事前チェックと補習を行います。
PADIでは、これらのダイビングスキルと知識は、ダイブマスターが当然習得しているものとして、インストラクターコースのカリキュラムを組んでいるので、インストラクターコース中の規定講義項目の中には、基礎スキルとダイビング理論(物理、生理、器材、RDP、スキルと環境)の講義は含まれません。確実にIEに合格するため、またIDCを無理なくスムーズに進めて行くためには、既にダイブマスター、アシスタントインストラクターを取得している場合も、IDC前に、これらの点を復習しておくことが大切です。

▽ 物理・生理・器材・スキルと環境・RDPの復習

インストラクター候補生は、インストラクター試験でPADIダイビング基礎5科目試験を受け、 ダイビングインストラクターに十分な知識を持っていることを評価します。
準備コースの学科セッションでは、模擬試験を中心に、これら知識を復習します。模擬試験を通して復習を行うことで、 苦手なポイントを知ることができるので、より効果的にダイビング基礎5科目を習得することができます。

▽ 基本スキルの練習と復習

インストラクター候補生はコース中に、PADIスキルチェックを受け、ダイビングインストラクターに必要な基礎スキルデモンストレーション能力を持っていることが評価されます。
準備コースでは、オープンウォーターダイバーコースの講習に必要なスキルと、レスキュースキルを、これら2つの試験合格レベルまで磨きあげて、本番に備えます。

  1. 機材セッティング(組み立てと取り外し)、準備、装着と調整
  2. PADIプレダイブ・セーフティ・チェック(BWRAF)
  3. ディープ・ウォーター・エントリー
  4. 水面での浮力チェックー中性浮力の確保
  5. スノーケルからレギュレーター/レギュレーターからスノーケル交換
  6. ファイブ・ポイント潜降
  7. レギュレーター・リカバリーとクリア
  8. マスクの脱着とクリア
  9. エア切れの練習とバックアップ空気源の使用(停止位置で30秒)
  10. フリーフロー・レギュレーターからの呼吸
  11. フィン・ピボット(パワーインフレーターとオーラル吸気)
  12. ファイブ・ポイント浮上
  13. 水面でウェイト・システムの脱着
  14. コントロールされた緊急スイミング・アセント
  15. ホバーリング(30秒)
  16. 水中でのマスクなし移動
  17. 水中でウェイト・システムの脱着
  18. 水中でスクーバ・ユニットの脱着
  19. 水面でスクーバ・ユニットの脱着
(C)HOBOYA
日系最大ダイビングショップ お問合わせフォーム サムイ島天気情報 サムイ島店スタッフ募集 ダイブマスター募集 サムイ島店facebook ダイビングインストラクターコース お問合せはこちら レストラン小堀