ほうぼう屋サムイ島店フェイスブック
サムイ島ガイド TOPへ

通貨と両替、お金の取り扱いについて

タイの通貨は?

タイの通貨単位は、バーツ(Baht)です。 バーツより小さな"サタン"という単位もあります。(1バーツ=10サタン) すべての紙幣、硬貨に国王の肖像が描かれています。
デザインはどの紙幣もほぼ同じなので、色で見分けるようになります。
硬貨は、25サタン、50サタン、1バーツ、2バーツ、5バーツ、10バーツ※2バーツ硬貨は出回っている量が少ないのであまり見かけません。
サタンは単位が細かすぎるので、あまり実用性はないが、外資系の大型スーパー (ロータス、ビッグC等)では使用されている。

20バーツ紙幣 50バーツ紙幣 100バーツ紙幣
500バーツ紙幣 1000バーツ紙幣

【サムイ島で日本円をタイバーツに両替】

サムイ島では日本円を直接支払いに使うことはできませんので、 日本円をタイバーツに両替しなければなりません。

予め日本で両替を済ませてくる必要はありません。 バンコク国際空港やサムイ島空港には、公認両替所があるので、 到着時に空港である程度の現金を両替する様にすると良い。
日本で予め両替する方法と、タイ到着時に両替する方法では、 1割以上レートが異なるケースも少なくありません。両替はタイに到着してから 行いましょう。
空港の両替所は到着便に合わせて営業しておりますが、
万が一、空港の両替所が閉まっていた場合でも、宿泊先のホテルで両替が可能です。 ホテルでの両替は、銀行の両替所よりも交換レートが悪いのですが、 それでも、予め日本で両替するよりはお得です。

主要なビーチでは街に出ると、比較的簡単に両替所が見つかるので、 両替に困ることはない。
銀行(土・日曜、祝日は休み)や、「EXCHANGE」の 看板を揚げた銀行系の両替所や、旅行代理店でも両替サービスを行っている。
レートは銀行と、銀行の両替所が最も良く、街の旅行代理店やホテルの レートは若干高くなる。
レートは毎日替わるので、気になる人は店頭でレート表示をチェックすると良いだろう。
トラベラーズチェックでも両替がきますが、パスポートが必要になるのでお忘れなく。
また、トラベラーズチェックの両替には手数料が掛かります。
両替の際には細かいお札も混ぜてもらうと便利。 あまり額が大きいと屋台やお店でお釣りがないと言われることもあります。
※例えば屋台で数十バーツの支払いに、1000バーツ札を出すのは、 少し常識から外れている。
大きいお札しか無い時は、サムイ島中に沢山あるコンビニエンスストアーで、 小さな買い物をして、お金を細かくするのもアイディア。
営業時間は銀行がam8:30-pm3:30、両替所は、am10:30-pm9:30頃までです。 ※銀行によって異なります。

【ATM 自動現金支払機】

バンコクでは空港や駅、デパートなど主要な施設に、 サムイ島でも各ビーチのコンビニエンスストアーや、銀行前に多くのATMが設置されていて、とても便利です。 日本の口座から海外のATMを使い現地通貨で引き出すことが出来ます。 あらかじめ日本で手続きしておけば必要なだけ引き出すことが出来るので大金を持ち 歩かなくて良くて便利です。CITYBANKなど海外で使用できる銀行 キャッシュカード(PLUS,CIRRUS)や、クレジットカード(VISA,MASTERなど)に よるキャッシングが24時間可能です。操作手順も英語とタイ語が選べる場合 がほとんどなので、簡単です。
利用されているカードには、シティーバンク、東京三菱銀行、みずほ銀行、 三井住友銀行、UFJ銀行のインターナショナルカードなどがある。他には 郵便局のカードも海外のATMで使えるものがあるので確認してみよう。

【トラベラーズチェック】

T/Cは銀行や両替所で換金できる旅行小切手です。使用する際に本人の署名が必要なので、 万が一紛失しても悪用されにくく、再発行もしてもらえます。日本の銀行や、旅行会社で入手可能で、 両替レートは現金よりも有利です。

【クレジットカードの利用】

サムイ島は以前と比べて、クレジットカードの使えるお店やサービスが増えました。 チャウエンビーチのちょっと綺麗メのお店では、クレジットカードを利用できる場合が多いですが、 利用できる店舗の割合は、日本ほどではありませんので、小さな商店での支払いには現金も用意 しておいた方が良いでしょう。
VISAカード、MASTERカードが最も受け付けているサービスの多いカード。ホテルや大型スーパーでは、 ほぼ全てのカードを受け付けておりますが、レストランやサービスによっては、それ以外のカードは、 使えない場合も多い。特にJCBは使えない場合が多い。

【チップ】

もともとタイには欧米のようなチップの習慣はありませんが、格差社会的なチップの習慣と、ケチが美徳とされない考え方に基づくお金の扱い方が存在します。しかしながら、あまり難しく考える必要はありません。

チップは感謝の気持ちを現す手段です。良いサービスを受けたら、チップを渡せばよいのです。

ケチが美徳とされない考え方に基づくチップについてですが、例えばバンコクでタクシーに乗って95バーツのタクシー料金を支払うとします。客側が100バーツ紙幣で支払いをして、もしも運転手お釣りを持ち合わせてない場合、タイ人はあまり気に留めず、5バーツのお釣りは諦めます。逆に客が90バーツしか持ち合わせてない場合も、タクシーの運転手は5バーツを諦めます。タイでは細かなお金に執着することは、美徳とされないのです。

レストランで食事をする際は、大衆食堂ではチップを渡すケースは少ないです。お釣りの小銭を、食堂で働く従業員にあげる程度か、特別なサービスを受けた際には、数十バーツのチップを渡しても良いでしょう。観光客向けのレストランでは、支払いの際に発生するお釣りの小銭は受け取らなかったり、それに足して数十バーツのチップを渡す程度で良いでしょう。